アイリストとアイリスト、アイリストとお客様を結ぶコミュニティーサイト「愛リスト ネット」
まつげパーマ、アイラッシュエクステンションのアイリストネット
スポンサーサイト 広告申し込み
アイリストネットホームへ まつげパーマ、アイラッシュエクステンション投稿写真 まつげパーマ、アイラッシュエクステンション、提携サロン まつげパーマ、アイラッシュエクステンション、提携スクール まつげパーマ、アイラッシュエクステンション検索エンジン まつげパーマ、アイラッシュエクステンション、リンク集 会社概要 メールフォーム

アイリストとクライアントとのコミュニティーサイト「EYELIST NET」投稿写真、提携サロン等募集中です。

まつげパーマ、アイラッシュエクステンション等アイリストメニュー まつげパーマサロン、アイラッシュサロン様広告募集
広告申し込み
マツゲサロン検索
携帯版

マツゲサロン検索携帯版
まつげパーマ(カール
アイリッシュエクステンション
まつげカラー
求人案内
まつげパーマ、アイラッシュサロン広告募集
まつげパーマとは?
・まつ毛の形をビューラー等を使用しなくても自然な形で上向きにカールさせる技術を言います。
メリットは?
・日々の化粧に必要なビューラーなどを使用しないで済む為、時間的に短縮されます、又もともと逆さまつげなどによるマイナス面をカバーできる場合もあります。
デメリットは?
・パーマ液やグルーなどによるかぶれや、一時的な視力障害を起こす場合があります、又過度の施術による抜け毛及び切れ毛等の障害を引き起こす場合があります。
上手にカールさせるには?
・基本的に技術は施術者が経験を積んで対処するのが一番です。技術に早道は無いと解釈してください。
カール液は何を使用すればいいの?
・今では色々なカール液が出回っていますがほとんどが頭髪用パーマ液と成分は同じです。
従いまして肌の弱い方アレルギーのある方は基本的に使用できません。
・1液の主成分はチオグリコール酸アンモニウム、2液の主成分は塩化トリメチルアンモニウム(呼び名・内容が違う場合もあります)
頭髪用ですのでパーマの技術及び薬品の効果効能をしっかり勉強されてからの使用が不可欠です。
・ストレートパーマ用の液や縮毛矯正用の液を使用している場合もありますが内容の濃さや時間などの設定をしっかり把握できないと事故になる可能性があります。
ロッド選びのこつは?
・まつげの長さ、カールの出し方により選択します。
お客様のまつ毛に合わせて今では色々なロッドが出ています
まずは粘着ロッドから。
・粘着ロッドは現在4サイズ確認されています、大量生産品の為太さや長さにバラつきが見られますが入門したての技術者には安価であるため手軽に使用できます。
但し、粘着質部分にはやはりアレルギーが出る可能性がございますので使用するときは注意してください。
・粘着ロッドはグルーなどの使用を省くことができますがロッドの選択肢が少ない為、カールの出方は技術者の技量に任せるしかありません。
初心者には粘着ロッド使用時にやや緩めの液を選択した方が良いでしょう。
慣れてくると粘着ロッドにも限界が見えてきます、次にお勧めなのがゴムロッド。
・ゴムロッドにも種類が沢山あります、初期のゴムロッドはストロー状のチューブを中央から2つに裁断した物が使用されました。
単価も安く粘着ロッドとは違い洗浄消毒後何回か使用できることから今でも使用しているサロンは多いです。
・次に出てきたのはシリコンゴム(シリコン)製のロッドです、やや高価なため選ぶのに慎重になりがちですが、逆にサイズ種類は少し限定される為同種のシリコンロッドならば各サイズは用意しておいた方が良いでしょう。
・シリコンは先のゴム製に比べ柔らかく肌に密着しやすいのでなれた技術者ならば楽に施術を行えます。
グルーの使い方は?
・まつ毛を貼り付けるときや、ロッドをまぶたに固定させるときに使用します。
まぶたに固定するときはやはりアレルギーやかぶれに注意してください。
ロッド固定時にはアレルギーを防止するために化粧やアイシャドウなどをふき取らず直接貼り付けて予防する場合もあります。
・まつ毛カール用グルーには2タイプあります白色の液状ゴム系と透明な糊タイプです。
どちらも使用時にはアレルギーに注意しロッド固定時にはできるだけ使用を避けること、そして使用する場合には全面につけるのではなくピンポイントで3箇所に付けて固定させると分量も少なくて済みます。
・ロッド固定が終わったら次はまつ毛の貼り付けですまずは中央からしっかりグルーをつけながら貼り付けましょう、そして目尻又は目頭へと貼り付けて行きいます。上級者になればロッド固定時にグルーを使うことなくまつげ貼り付け時の中央を貼り付けている段階でしっかり止めてしまう方もいます。
他に用意するものは?
・爪楊枝又はピンセットなど。そして綿棒・コットン(化粧パフなど)・ティッシュペーパー及びラップ(クレラップなど)
綿棒はカール液を塗る際に使用したり2液塗布前の1液除去時や液だれなどのときなど多岐に使用するので不可欠です。
ティッシュペーパーは当然ふき取るときの使用はもちろんですがまつ毛カールの時には目の幅よりやや長く細かく切っておきカール液の液だれを予防します。
ラップはカール液の揮発を抑えまつ毛への浸透性を高める為にやはりティッシュペーパーと同じように切っておきます、この時ティッシュよりやや大きめに切っておきましょう。
コットンは水で少し湿らせ下まぶたから頬にかけて置き1液塗布時の液だれや、下まつ毛への付着防止の為に使用します。
“他にあれば便利なもの”
ストップウォッチ・時間を計る為に使用します
トリートメント・市販のものでも効果はあります
術後の注意点は?
・目を強くこすったりマスカラを多量に使用したりするとまつ毛カールも取れやすくなります。
中には2週間前後で掛けに来る方もいます、過度のパーマは頭髪同様切れ毛抜け毛の原因になりひどい場合はまつ毛自体が無くなってしまう場合もあります。
最低1ヶ月以上はまつ毛パーマをかけずに様子を見ましょう、そしてまつ毛にも休息をあげてください。
トリートメントで傷みが進むのを防止して、しっかり栄養を取って下さい。
ビタミンB6・亜鉛・カルシウム・たんぱく質など髪に良い物はまつ毛にも良いのです。

|ホーム|投稿写真提携サロン提携スクール質問掲示板リンク会社概要メール

Copyright(c)2007,Eyelist Net All rights reserved